スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

オーディオブック・朗読・会話劇に最適なイヤホン

外出先でオーディオブックを聴く
オーディオブックを聴かれる方の中には,"知識を得るために聴くんだから/いつも倍速で聴いているから,音質など気にしない"とおっしゃられる方もいます.

しかし,声優にこだわりがある(好みの声質があり,それを愉しみたいと云う欲望を持つ)方ならば,朗読や会話劇に適したイヤフォンを用い,できるかぎりその声を快適に愉しみたいと望まれるのではないでしょうか?

では,"オーディオブックに適したイヤフォンとは?"となると,これは難しい問題が生じます.

管弦楽の,ロックの,ダンスの,さらにはテクノの再生に適した,と謳うイヤホンは数多のごとく販売されていますが,人の声,それも歌声ではなく,しゃべり声の再生に適した,加えて単に声を正確に再生するのではなく,愉しみのために適したイヤフォンというものは,少なくとも一般的な商品の中に見かけることはできません.


オーディオブック・朗読・会話劇に最適なイヤフォン
このカテゴリーでは,オーディオブック・朗読・会話劇に最適なイヤホンを探す参考としてもらえるよう,ブログ管理人がためしたイヤフォンについて紹介します.

一覧は左のカテゴリーにある "イヤフォン" の項目から記事を選択できます.

また,外出時に使用するイヤフォンは消耗品であり,音質の劣る携帯プレーヤー(私の場合その中でも音の良くないiPhone)で使用するため,実売価格で1万円以下のイヤフォンを対象としています.

音質として,"低音重視ドンシャリ系"や"際立つ音"といった音の味付けをされたイヤフォンは,声にヘンなエフェクトがかかり,愉しむ以前の問題です.

そこでフラット系の再生に適した,いわゆるステージモニター用イヤフォン(イヤモニ)としても多く用いられる,バランスドアーマチュア型のイヤフォンを選択しました.

バランスドアーマチュア(BA)型の特徴としては,密閉度を上げることで遮音性を向上させ,これにより音質向上や音漏れを防止する,また比較的圧力をかけないことで耳の健康にも良いという特徴があります.一方で,音圧が低いため低音域が弱いと云う欠点もあります.

# 上位機種では複数の音域にチャンネルを設けることで,低音域に対応したものもありますが,その分お値段が上がります.

またBA型は遮音性が高いため,屋外での騒音を遮ることが出来,また音漏れを最小限に控えることが出来ることからも,電車内などの公共の場でのオーディオブックを聴く際に適したイヤフォンです.


(追記)
SONYのMDR-CD900STやAudio Technica のATH-M50,FOSTEX のT-7M,AKG のK530 といったヘッドフォンは,スタジオモニターとしても用いられ素直な音を出します。

しかし,携帯プレーヤーにモニター用ヘッドフォンを付けて町中を動き回る様,と云うのは微妙な痴態をさらす行為・・・

室内用としてならば,価格でT-7M, 疲れにくさでATH-M50,むれないセミオープン型としてK530,定番としてMDR-CD900STをおすすめします.

スポンサーサイト
[ 2018/04/28 13:21 ] イヤフォン | TB(0) | CM(1)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2012/11/13 17:58 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://adbk.blog121.fc2.com/tb.php/190-f8620695








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。